ネト充のススメ第6話のあらすじ、ネタバレ

ネト充のススメ第6話

補足説明

主人公の盛岡森子(もりおかもりこ)は三十路女性で会社をやめてニートに。

ゲーム内では林(はやし)という名の男性キャラクターで遊んでいます。

第6話タイトル「恥ずか死んじゃいます!」

スポンサーリンク

第6話前半パートのあらすじ・ネタバレ

桜井が盛岡さん!と叫ぶと、森子は振り向いて驚く。

その時、ちょうど小岩井から森子の携帯に電話がかかってきた。

桜井は小岩井さんからですか?と森子に言う。

森子はまた驚き、桜井は小岩井と同じ会社の後輩だというのだった。

そして森子に自分を気にせずに小岩井からの電話に出るように言うのだった。

森子が電話に出ると小岩井は出張中で連絡が取れなくて、と謝る。

そして出張?!と森子は驚く。

小岩井は今、大阪にいて森子におみやげを買って行くという。反射的にお礼を言う森子。

気を取り直し、飲み会の事を聞くと、飲み会の日付を1日間違えていた事に気づく。

小岩井は森子の事をウッカリ屋さんと言い、それとも俺とのデートがそんなに楽しみだった?と言うのだった。

からかわないで下さいと森子。そして桜井にうるさくてすみませんと謝る。

こちらこそ、小岩井が失礼な事を言ったようでと桜井。

森子が桜井と一緒にいる事を小岩井に告げると、携帯をスピーカーにして桜井に渡してもらっていい?と言うのだった。

桜井は森子に携帯を渡してもらう。小岩井の第一声は、「森子が超可愛くなってる?」だった。

森子は何てこと聞くんですか、と言い顔を覆いうずくまり、何も可愛くないので…本当すみません…勘弁してやって下さいと言う。

それを見た桜井は、森子の事をとても可愛らしいと言い、小岩井がここにいなくて良かったと思うくらい超可愛いと言う。

そしてもっと自信を持ってください、盛岡さんは自分で思っている以上に…盛岡さんは……..小岩井さん好みだと思いますよと笑顔で言った。

森子は驚き、ソレ聞いた小岩井は今すぐ逢いたい言い、明日は大丈夫なんだよね?と聞くのだった。

森子は勿論ですと答えると、小岩井は最後に二人で話せるかと言う。そして悪いが、今日は桜井と二人で楽しんでくれと言うのだった。

そして桜井は超いい奴で森子が桜井の誘いを断った時に凄い寂しそうにしていたと言ったのだった。

電話が終わると、森子は桜井にこの後空いているのかと聞く。桜井は上ずった声ではいと答える。

お店に入った桜井と森子の二人。
まず飲み物で乾杯をする。森子が何を話そうか考えていると、桜井は注文を取る。

そこで森子は何故、桜井があそこにいたのか不思議に思うのだった。

するとせっかくお洒落してきたのに小岩井じゃなくてすみませんと桜井。
森子はそんな事は全然ないと答え、今日のお礼を言う。

桜井はこちらこそ誘って頂いてありがとうございますと言うのだった。

森子は桜井にどうして日付を間違えているのかをたずねる。桜井は小岩井から飲み会の事を聞いていたと言い、森子を見かけたのでもしかしたらと思い声をかけたと言うのだ。

森子は恥ずかしいと言うが桜井はお話が出来て嬉しいと答える。

森子は不思議な事もあるもんですねと言い、桜井もまた会う事になるとは思わなかったと言うのだった。

あの時はご迷惑をおかけしてすみませんでしたと森子、すると桜井はそんな謝られる
事じゃない、コンビニのチキンくらいでと言う。

それを聞いた森子はえっ?と言うのだった。桜井はやっぱり覚えてなかったんですか?と言う。

森子はえ?えっー?とうろたえるのだった。

桜井はコンビニで水を買い、森子に渡すのだった。森子はお酒は弱くないはずなんですが…と謝る。

そして、チキンの件、病院の件、お誘いの件、そして本日の件についていろいろすみませんと何度も言う。

桜井はならと、自分のわがままを聞いてもらっていいのか森子に聞くのだった。酔い覚ましに少し散歩しませんかと言ったのだった。

森子は行きますと答える。森子はいろいろな事についてすみません、と言うが後からこういう時はありがとうですねと言いなおすのだった。

桜井はソレを聞いて真面目でやさしい人なんですねと言う。

そこまで、言われるほどじゃありませんよと森子。
桜井は本当にそう思ったんで、褒め言葉として受け止めて下さいと言った。

森子はふと…いいなと言う。そして小岩井みたいな先輩と桜井みたいな同僚がいる職場だったら、もう少し楽しく働けたのかなとつぶやくのだった。

すると桜井はきっと楽しいですよと言う。桜井は小岩井は人をからかったり、冗談ばかりするけど、時にはフォローしたり、真剣に考えてくれたりと言うのだった。

そして小岩井にはナイショにするように言うのだった。

森子はいい話なのにと言うと、小岩井は調子に乗るからと桜井。

森子は明日の事が楽しみだと言う。髪の毛を切った事やちゃんと話せるのかを不安に思っていた事が、桜井ごしに見える小岩井が自分の思っている小岩井で安心したと言うのだった。

そして桜井とも話しが出来て本当に嬉しかったと森子が言う。
桜井はそう言ってもらえて嬉しいといい、頑張って下さいね森子を励ましたのだった。

小岩井は電話で桜井と話していてた。小岩井は桜井に何故なのか理由を尋ねる。桜井は気が変わる事もあるというが、何かあったのかと小岩井は納得しなかった。

そして諦めが悪くてつい、ストーカーじみた事をする桜井が…と言うと
桜井がすかさず「それは言葉にしてはいけないっ!」と変なしゃべり方で言うのだった。

そして小岩井が本当に良いのか?と聞くと

桜井は、はい。と答え明日の飲み会に自分は行かないというのだった。

第6話後半パートのあらすじ・ネタバレ

(フリドメールの世界)

カンベ達ギルドメンバーは林を除く、4人で冒険していた。林が昨日に続いてログインしていないので、めずらしがるメンバー達。

そんな中、リリィ(桜井)は上の空でゲームをしていた。

(現実世界)
桜井は、森子の後押しできたのか考えていた。そして、もう自分が森子と会う理由がなくなってしまったと心の中で思うのだった。

森子は待ち合わせ場所に来て待っていた。本来の時間より早く、待ち合わせる事になり小岩井から携帯に電話がかかってきた。

森子が電話で理由を聞くと、森子に早く会いたくて…と言って小岩井が突然目の前に現れたのだ。

驚く森子に、可愛くなったと小岩井。

森子はからかわないでと言い、そんな森子を小岩井は写メを取るのだった。

二人は歩いて予約した店まで行く。途中、車が森子の傍を通ると、気づいた小岩井は素早く道路側に回るのだった。

森子はエスコートされているなと感じ、桜井も同じ事をしてくれたのを思い出す。

すると小岩井が森子に昨日、桜井を誘ってくれたのか尋ねる。

森子が誘った事を言うと知ってたと小岩井。森子は顔を赤らめてくぅと言う。

店に着きワインを飲む二人。

森子は桜井と偶然会った昨日の話をしていた。

すると小岩井はそれは、愛だと言うのだった。

森子はもう三十路だから、おばさんだし桜井に意識されるような人間ではないと言うのだった。

それを聞いた小岩井は、俺は32で桜井は28だと言い、森子は桜井にとって立派な女性なんだと言うのだった。

ソレは大げさですよと森子。

小岩井は森子のワイングラスが空になっているのを気づき、いろいろ頼んで良いのか聞くのだった。

森子はお手やらわかにお願いしますと言ったのだった。

ゲームの話で盛り上がる二人。小岩井はゾンビに囲まれた時に桜井に助けてもらったという。
桜井さんはゲームをやらなさそうイメージだけど、ゲームが上手なんですねと森子。

小岩井は桜井の事をやり込み型の引きこもりだからと言う。

そして森子のやっているオンラインゲームの事を聞く小岩井。

森子はゾンビ以外にも敵は沢山いて、キャラクターも自由に作れて、服や武器も沢山あって。
でも一番好きなのは知らない人同士でもおしゃべりしたり、何かを一緒にやったり出来ることだと言う。

今日の誘いもネトゲ友達に相談したと森子。小岩井はその髪も?と聞くと、うなずく森子。

森子がショートがいいという人とロングがいいという人の間を取り、ミディアムにした
と言うと、森子らしいと言う小岩井だった。

そして、小岩井は森子を見て綺麗になったと思う、好きだよソレ…と言い、電話の印象よりも明るいし、何より自分と出かけるから頑張ったのがスゲー嬉しいと言う。

そして逆にあのまま来たら、森子の感性を疑うわと言い、アハハハハハと笑う小岩井。

ですよねーと森子は心の中で思う。それから小岩井は席を立ちトイレにいく。

森子はきちんと話せているのか、お世辞だとわかっているのにドキドキする、ちょっと飲みすぎたのかなと思うのだった。

小岩井がトイレから帰ってくると、そこには眠った森子がいた。

(フリドメールの世界)

リリィはすみません…とギルドメンバー達に言う。

ライラックはヘイト値の管理をミスるのはめずらしい、ぽこたろうは悩み事なら相談に乗るよ、と言うのだった。

(現実世界)

桜井は全然、集中できないと言っていると、小岩井からメールが届く。

そのメールには寝顔の森子が写っていて、小岩井は何かしてもいいかな?と書いてあったのだ。

(フリドメールの世界)

桜井(リリィ)は驚いて、すぐにゲームからログアウトする。慌てるギルドメンバー達。
そして昨日からどうしたんだアイツとカンベ。

(現実世界)

桜井が急いで小岩井の家に行くと、大笑いする小岩井。ちゃんと家まで送り届けたというのだ。

そして、焦っちゃった?と二度も言い桜井を煽るのだった。桜井はジョークだと思ったけど念のためと汗を流しながら言った。

二人がどうなっても俺には関係ないですと桜井。

小岩井はその割には家から全力で走ってきたみたいだけどと言う。

焦る桜井に、小岩井が昨日、どうやって森子を見つけたのか聞くのだった。

通勤に使ってない駅なのにおかしいと言うと、偶然だと桜井は答える。

そして本当に凄い偶然で…と重ねていうのだった。

小岩井はまあいいや。と言い、桜井に大阪のおみやげを渡す。

たこパする時は呼んでと言うのだった。

家に帰りベッドに倒れこむ森子は、疲れたーと言うのだった。

化粧を落としながら、一生分の男性運を使い果たした気がすると思う森子。

そして小岩井に言われた事や桜井に言われた事を思い出し、一人で照れる。

パソコンの前に座ると、とてもしっくりして安心するのだった。

(フリドメールの世界)

林がログインするとリリィ(桜井)がすぐに駆け寄ってきた。

林は相談に乗ってもらったお礼を言うと飲み会は楽しかったかと聞かれる。林は元気にはいと答えるのだった。

(現実世界)

桜井は良かったですね。盛岡さん。と一人つぶやくのだった。

⇒ ネト充のススメ第1話のあらすじ、ネタバレ

⇒ ネト充のススメ第2話のあらすじ、ネタバレ

⇒ ネト充のススメ第3話のあらすじ、ネタバレ

⇒ ネト充のススメ第4話のあらすじ、ネタバレ

⇒ ネト充のススメ第5話のあらすじ、ネタバレ

⇒ ネト充のススメ第6話のあらすじ、ネタバレ

⇒ ネト充のススメ第7話のあらすじ、ネタバレ

⇒ ネト充のススメ第8話のあらすじ、ネタバレ

⇒ ネト充のススメ第9話のあらすじ、ネタバレ

⇒ ネト充のススメ第10話(最終回)のあらすじ、ネタバレ

⇒ ネト充のススメのスタッフ、キャスト、PV等の情報はコチラから

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です