少女終末旅行第2話「風呂」「日記」「洗濯」あらすじ・ネタバレ

少女終末旅行第2話「風呂」

第2話タイトル 「風呂」「日記」「洗濯」

スポンサーリンク

「風呂」のあらすじ・ネタバレ

チトとユーリは雪が降る中、ケッテンクラートを走らせ、寒さを凌げる場所を探していた。

しかし、なかなか見つからず雪は激しくなるばかり。

チトとユーリはあまりの寒さに眠りそうになるが、何とか大きな建物を見つける。

二人は愛車のケッテンクラート置いて、建物内を探索する。

チトは「第七十二地上発電所」と書いてあるのを見つけるが、チト達はその字を読む事ができないのだった。

建物の中にはパイプが沢山あった。どのパイプにも雪がつもっていたが、途中、ユーリが雪がつもっていないパイプを見つける。

パイプをライフルで撃つユーリ。3発目でパイプに穴を開ける事ができ、パイプからは暖かいお湯が噴出してくるのだった。

二人はケッテンクラートで大きな缶を引っ張り運び、お風呂にするのだった。

寒さに震えていた二人は久しぶりのお風呂を満喫する。

「日記」のあらすじ・ネタバレ

少女終末旅行第2話「日記」

チトとユーリは焚き火に当たり暖まっていた。

二人は建物に入って、入り口を雪で固めたのだった。

チトは出発してからの日記を書いていた。ユーリがなんでか聞くと、記憶は薄れるから記録すると言うのだった。

チトは本は凄いとユーリに言い、昔の事を知れるのは本のおかげだと言う。

しかしユーリはチトが本が好きだったのを知っていたが、焚き火の燃料がなかったので本を燃やしてしまう。

それを見つけてチトはすぐに本に付いた火を消すが、本はかなり燃えてしまった。

チトはかなり怒りユーリを罵る、そして寝てしまうのだった。

チトが寝てしまった後、ユーリはチトの日記に何かをする。

眠りから覚めた二人は雪で固めた入り口を壊す。外に出ると晴れていた。

チトが日記をみると、何かラクガキされていた。ユーリがチトの寝顔を描いていたのだ。

再びケッテンクラートで走り出すと、もっとラクガキしたいとユーリ。

チトは勿体無いからダメ、字も間違っているというのだった。

日記には「ごぬんね」と書かれていたのだった。

その後、飲み水の確保の為に徒歩で水を汲みに行く。

二人が空を見上げると青々とした空が広がっていた。

「洗濯」のあらすじ・ネタバレ

少女終末旅行第2話「洗濯」

青い晴れた空を見上げ、チトは洗濯日和だなと言う。

二人は流されないようにロープでお互いの体を縛る。そして雪解け水でできた湖で洗濯をするのだった。

しばらくして、ユーリが死んだ魚を見つける。そして焚き火で焼いて食べる事にする。

二人は夢中になって魚を食べるのだった。

チトは初めて食べる味といい、ユーリは旨いと言うのだった。

魚を綺麗に食べ終わった後、二人は寝転んでいた。

魚はどこから流れて来たのかというユーリ。

チトは上層から排水に混じってじゃないかと答える。

ユーリは上の方にいけばいっぱいいるのかなと言う。

いたらどうするの?とチト

すかさずユーリは食べる!と返すのだった。

チトもそうだなと納得するのだった。

⇒ 少女終末旅行第1話「星空」「戦争」あらすじ・ネタバレ

⇒ 少女終末旅行第2話「風呂」「日記」「洗濯」あらすじ・ネタバレ

⇒ 少女終末旅行第3話「遭遇」「都市」「街灯」あらすじ・ネタバレ

⇒ 少女終末旅行第4話「写真」「寺院」あらすじ・ネタバレ

⇒ 少女終末旅行のスタッフ、キャスト、PV等の情報はコチラから

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です